日々の出会い・その一瞬を大切に! にゃろめ目線の気になるものをカシャ! 只今東京神田で出会った猫を中心に更新中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/20 日曜日

上京して
東京国際フォーラムて開催された
ライカフォーラムに参加してきました。

司会はバッキーさん。
写真家の織作さん、ハービー山口さん。

ライカ談義ではアルフィーの坂崎さんと
バッキーさん、ハービーさん。
素敵な方々が集うフォーラム。
楽しみでした。


申し込みをした時は
おじさま比率が高いかと思ったら
定員200名の参加者の半分は女性だったかなぁ(^^;
アル意味ホッとしました。

忘れないうちにフォーラムの内容を…

ライカで写真の楽しみ方
~織作峰子さん~

ライカのカメラバックはハンティングワールド。
数台のライカを入れて持ち歩かれるそうで
M3とM6を携えて登場。

一番長い付き合いはM6で10数年だそうです。
今日は90mmを付けられてますが、
交換レンズで35mmのズミクロンも入ってるそうです。

師匠の大竹氏から
「持つなら良いのを持ちなさい」そう言われライカを持たれたとか。

ピントを合わせシャッターを押す。
わずか0.4秒の間に
写真を撮る時の気・魂を入れないといけないと言うことを
ライカが教えてくれた。

何でライカが良いの?とよく聞かれます。

①見て分かるようにこんな美しいカメラはないと思います。
見るからに形としても美しいし
持っているだけで…コレ一つでスゴいセンスの良さを感じる。

ボディにはシルバーとブラックがあります。

織作さんはシルバーのボディは白髪とか金髪とか…黒髪じゃない人に似合うと思う。と。
ヨーロッパを旅した時
金髪の女性が
ライカを斜めがけにしてカメラを背中に持っていって
颯爽とサイクリングする姿がとても素敵だった。
そう考えると日本人の黒髪はブラックボディが似合うのかな。

②持った時の手の感触・フィット感…
カメラを持ってるんだという実感が持てるカメラがライカだと思う。

③レンズの良さ
モノクロは特にですが、他のレンズだと潰れちゃうディテールも潰れないのがライカです。
今は機械で作るレンズだけど
昔…手で磨いて作っていた頃のレンズで撮ると
一個一個風合いが違う!
そんな楽しみが出来るのもライカ!

④心地よいシャッター音
昔…ライカのシャッター音しかダメな撮影時代があったそうです。

⑤レンジファインダーの二つの画像が合わさった瞬間…
アッ!!と思う感覚がよい。

持つだけでも肩にかけるだけでも良いから
一生のお付き合いのものと思って
ライカを持ってみましょう。

ライカで撮る時は、ゆったりとお散歩気分で。

ピントを合わせてシャッターを押す。その工程の面白さを是非味わってみて下さい。

最後に参加者からの質問コーナー

「街で人にどうやって声を掛けて撮るのですか?」

織作さんは「まず、何も言わずに1枚を撮ります。その後、御礼の声を掛けてそこで怒られたら逃げます。」

会場の緊張感が溶け
一番笑いをとったかも。

織作さんの
モノクロ写真のスライドショーを見ましたが
1983年頃にライカで撮った
ニューヨーク、バルセロナやパリのストリート・スナップのモノクロ。

柔らかい描写に女性らしさを感じました。

織作さんの話を聞いて
ライカだからと気負わずに連れまわす。
そんな勢いが必要って事かな?

私のバルナックも連れ回したいけど
ついついR-D1Sに古レンズにしちゃうんだよなぁ。
でもそれでも古レンズの空気感は分かるかと…

だって
その方がレンズを今まで以上にもっと使うだろうからって
勧められたんだもん。

でもバルナックで撮るようにしよう!
スポンサーサイト
20080413104403


どれだけの人が目を向けたのだろう

今日から雨…

冷たい雨に
葉桜になっちゃうだろうなぁ。
20080412101759


一年半の同居生活でも
距離は縮まりません。

一緒に仲良く寝る姿や
けずくろいも期待しました。

相性が合わないんでしょうね(ノ_<。)。

それでも家猫に昇格した二匹は
これからも同じ屋根の下
同じ時間を共有していくのでした。
20080405074703


目の前にみた
たちのぼる雲

振り返ると
そこにも
たちのぼる雲

私を挟んで
前と後ろにたちのぼる雲
なにかがあるの?
20080404204737
ふぅと見上げた空。

視線を変えてみると
普段見れないものが
見える。
20080404080852

ビビリなちょびだけど
一応訪問者は気になる(^◇^;)

だからコッソリ見る。

階段の上からも
顔を半分だけ覗かせ

確認だけする。

決して姿は見せない。

姿を見せるのは
我が家と弟一家だけ。

きっと心を許してくれてるんだろうね。
20080403080323
20080403080321

春のにおい

気持ちいい
春風に乗って
ちょびの 感じるにおいは
どんなんだろう~。

我が家の門扉へ続く階段。
先月鉢植えに植えた花々は
きれいに咲いて風に揺れています。

次は何を植えようかなぁ。
20080402080835


一日中おこたで寝てたニャリ~。

おこたから出ても寝てるニャリ~。

今日は何だか眠いニャリ~。

雨戸業者さんの襲撃(ちょびにはそう感じたんだろうね)に
余程疲れたのか
寝てばかりのちょび。

目が開いたかなぁ
と思ってもほんの少しだけ。

いつものクルクルしたまん丸目は封印です。
20080401145512


くつろぎのポーーーズ

ここまでまったり出来るのも
家猫だからだろう。

実は昨日は朝から雨戸の取付工事があり
夕方まで業者さんが
外と室内をウロウロしていた。

玄関を開けっ放しでも逃げるどころか
二階の奥の部屋の更に奥まった所で
ちょびは固まってしまい
カーテンの裏の人形ケースの上から動かない
抱っこしようにも抵抗する。

ここまで恐怖心を抱くとは
一体我が家に拾われる前はどんな生活だったんだろう。

帰宅してその話を聞き

ちょび目線まで下がって
ちょび~怖かったん?と話しかけると
ナーーーーンと鳴きながら
抱っこしてと駆け寄って来た。

肩には爪がガシッと!

よほど怖かったんだろう…
抱っこしながら一生懸命
顔にすり寄ってくる。

そして
すっかり緊張のとけたちょび。

振り返ればこの姿…(^◇^;)


姫猫ちいちゃんは怖がらないところを見ると
やはり
男の子の方がビビリなのかもしれない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。