日々の出会い・その一瞬を大切に! にゃろめ目線の気になるものをカシャ! 只今東京神田で出会った猫を中心に更新中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どんな病名が付いたかというと
「ほうかしきえん」

ググってみると…

蜂窩織炎(蜂巣炎)とは、
細菌感染によって起こる
皮膚と皮下組織の感染症。


感染源は皮膚の損傷(外傷、
皮膚炎、皮膚真菌症など)によって発生。


症状は痛みや腫れ、熱感、紅斑、水疱です。

感染巣が悪化すると、
広範囲に組織壊死(細胞が死んでしまう状態)を生じ、
壊死性筋膜炎や菌血症を引き起こし、
生命に危険をもたらします。

治療は抗生物質の投与です。

一般的に、2週間前後で軽快します。
しかし、抗生物質に反応がなく、
病巣部が進行する症例では壊死性筋膜炎を疑い、
直ちに適切な処置(病巣掻爬などの手術的治療)を検討せねばなりません。



結構大変な事になってます
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。